治し家(なおしや)鍼灸治療院では、
鍼治療、温熱治療などを中心とした統合医療により、
頭痛や肩こり、腰痛、不定愁訴など、様々な症状を治療しています。

マッサージや整体に通っても治らなかったつらい症状や、
長年の通院でも治らなかった身体の不調など、
ぜひ一度治し家にご相談ください。
【お電話でのご予約】03-5938-7048

HIDEYOSHIさんの運動と呼吸法を同時に行う:パニックは忘れると治る病気

運動して体力をつけていくとパニックも忘れる。

ヒデさん:運動して体力をつけてゆくとパニックだったことも忘れていってしまうのです。

角谷院長:パニックは忘れると治る病気です。

ヒデさん:そうです。それを継続してゆくだけなのです。

角谷院長:そうそう、パニックは忘れていけばいいのです。

ヒデさん:今は思い出すことも減りましたよ。あまり考えないっていう練習を座禅や呼吸法でやっていました。考えすぎるとヘンに悪いことが起こるのです。

角谷院長:そうそう

ヒデさん:仏教の教えにもありますよね。

角谷院長:仏教は心の病を治す実践学ですよ

ヒデさん:仏教では健康になる実践のことも書いてありますよね。白隠禅師なども法を作りましたよね。
それで治る人もいるわけです。白隠禅師の方法は身体が溶けるような感覚になりますね。

運動も呼吸法も同時に行うと効果大


どれか一つだけじゃなくて運動も呼吸法も全部同時に並行してゆくとすごく効果が発揮されますよね。

角谷院長:実感のある言葉ですよね。ヒデさんはやってこられたから。

運動した後に座禅・呼吸法をやるとリラックス


運動した後は、副交感神経が優位になるから、運動した後に座禅とか呼吸法をやるとさらに良くなります。夜は眠りやすくなるし、すごくリラックスします。嫌なこととかは考えなくなります。

角谷院長:最初は身体の治療から入りましたが、最後は自分の力で治してゆきましたね。

ヒデさん:自分のからだですからね。自分で考えてやらないとね。
断薬まではいきませんが、薬の量もずいぶん減りましたね。最初はSSRIや抗精神薬・抗不安薬を3錠程飲んでいました。

今飲んでいるのは3錠程ですけど、バーンと量は減りました。抗精神薬なんて前は一日5錠とか3錠ですしたけど今は1錠です。頓服薬なんかは飲みませんし、抗不安薬は40ミリということがありましたけど、今は20ミリくらいです。

角谷院長:自分で減らして行ったのですか

ヒデさん:早くやめたかったけど、薬漬けになって長く飲んでいましたから、バーンと減らすとリバウンドがひどいのが分かるのです。

自分の体は自分にしか分からない


薬漬けになっていた自分を受け入れないとしょうがないですね。落ち込んでもじょうがないので、受け入れてどうやって治していこうか。自分で治していくしかないですよねやはり、自分の身体って自分しか分からないと思うので。

角谷院長:一番理想的な形で治ってきていますよね。

ヒデさん:数字で出る病気じゃないから。自分で確認していかないと思いますよ。

治し家はフランクでフレンドリー



角谷院長:治し家鍼灸院の感想などありましたらお願いします。

ヒデさん:面白いですね。最高ですよ。オーサムです。オーサムって素晴らしいって意味。フレンドリーでフランクで、ぼくの性格から見ると凄くあっていますね。全然関係ないときも電話して先生こうなのですけどって話しているくらいですから。
角谷先生の鍼は効くし、治してゆくアプローチが普通と違います。患者と同じ気持ちになって治そうとしてくれますね。治そうという気持ちを持ってくれる先生は味方になってくれます。それが嬉しいのですよ。
本当にこの人達治す気あるのっていう先生たちが多い中、10分いくら、20分いくらとお金儲け中心のところばかりで、そういうのってビジネスとしても続かないと思います。

いい意味で症状が治って来なくなるのが一番いいことだと思うのです。
中途半端なことをやってずっと来させるのは間違いです。ぼくには治し家の鍼と治療が合いました。

角谷院長:本当に治ってきて良かったですね。私も嬉しいです。

ぼくも治し家さんと出会えてほんと良かったです。一年でここまで治ってきたのは奇跡です。ありがとうございました。

HIDEYOSHIさんの第一回(不規則な生活でパニック障害
第二回(運動するとパニックは治る
Copyright (C) HIDEYOSHIさんの運動と呼吸法を同時に行う:パニックは忘れると治る病気 | パソコン病&五十肩治療の治し家(なおしや)日記. All Rights Reserved.