治し家(なおしや)鍼灸治療院では、
鍼治療、温熱治療などを中心とした統合医療により、
頭痛や肩こり、腰痛、不定愁訴など、様々な症状を治療しています。

マッサージや整体に通っても治らなかったつらい症状や、
長年の通院でも治らなかった身体の不調など、
ぜひ一度治し家にご相談ください。
【お電話でのご予約】03-5938-7048

ひどかった五十肩が治りました

1月6日
五十肩の体験談(かどちんがインタビュー)
白田美津子(仮名)58歳  デパート勤務


かどちん(以下k):どんな症状でいらしゃいましたか?

白田(以下s) :最初、2010年5月に庭仕事で右腕を痛めて、腕が上がらなくなりました。それで最寄りの整形外科に行きました。レントゲンを撮って異常なかったので五十肩という診断でした。そこでは、きついブロック注射を週1回を3回、その後は週1回のヒアルロン酸の注射を2回、合計5週間通いました。
その注射で腕は少し上がったのですが、夜痛み始めました。

たまたまその病院は休みだったので、ちがう病院へ行きました。その病院の先生は「腕が固まってしまうので上げなさい」と言い、強く右の脇の下をぐっと押したんです。そしたらバンザイができなくなり、夜もよけい右腕がズキズキ痛むようになってしまいました。そのときは、痛み止めを出してくれましたが、痛みはまったくとれませんでした。

夜はうずいて寝れない、右腕は上がらない、洋服は着れない状態でした。自分は身体障害者かと思うくらい涙がでるほど、つらかったです。洋服は着れない。下着も自分でおろせない。ホックも止められないので、前あきの服しか着れない。左手ですべてするのもたいへんでした。
そんなひどい状態なので、いてもたってもいられなくて、勤め先のデパートにいらしたお客様に話しかけられたとき、私の状態を話してしまいました。

その方も五十肩で私と同じ症状を経験されていて、御殿場から藤沢まで治療にこられているということでした。その治療院が、治し家さんだったんです。その方が治し家さんをすすめてくださいました。
鍼はまだ未知の世界で少しこわかったけどまっしぐらで来ました。二軒も整形にいったけどだめだったし、こんなにひどいから行ってみようと思いました。駅に近いし、順天医院の中にあるから信用できました。
(続きは次回に)

Copyright (C) ひどかった五十肩が治りました | パソコン病&五十肩治療の治し家(なおしや)日記. All Rights Reserved.