治し家(なおしや)鍼灸治療院では、
鍼治療、温熱治療などを中心とした統合医療により、
頭痛や肩こり、腰痛、不定愁訴など、様々な症状を治療しています。

マッサージや整体に通っても治らなかったつらい症状や、
長年の通院でも治らなかった身体の不調など、
ぜひ一度治し家にご相談ください。
【お電話でのご予約】03-5938-7048

パソコン作業が作る腰痛−理論とその治療法−

<かどや式腰痛治療の理論>
【椅子から立ち上がれず、腰がくの字】
62歳の大下さんはおひとりで旅行会社をやっておられます。
パソコンの前に一日中座っている仕事です。
この2,3日仕事に忙殺されていたら、夜になって腰が痛くなり、
椅子から立ち上がれなくなってしまいました。
ようやく立っても、腰がくの字に曲がってしまった状態です。

【原因はねじれた体勢でのパソコン作業】
聞くと、パソコンは正面にはなく、体を右に向けてパソコンをやっているとのことでした。
このねじれた体勢で、しかも亀首猫背の姿勢で一日パソコンをやっていれば、
誰でも首と腰を痛めてしまいます。


【パソコン作業による腰痛の8割は大腰筋を痛める】
パソコン作業による腰痛の8割ほどは、大腰筋を痛めます。
人間は腰と首とで姿勢を作っていますから、腰を痛めれば首も痛めます。

つまり、腰や首を支えるインナーマッスル(深層筋)が、棒状に硬くなってしまうのです。
インナーマッスルは骨を支える筋肉です。
インナーマッスルが正しく働いて、正常に姿勢を保つことができます。

【骨とインナーマッスルはテントのポールとロープの関係】
骨がテントのポールだとすると、ポールを支えているロープがインナーマッスルです。
ロープは弾力があるからポールを支えることができるのですが、
ロープが棒だったらどうでしょうか。ポールを正しく支えられません。
一つのロープが棒になったら、ポールは傾いてしまいます。
ポールを支えるロープ全部が棒だったら、ポールは倒れてしまいます。

【ポールが腰の骨、ロープが大腰筋】
腰痛にこのことを当てはめてみると、腰椎(腰の骨)と腰盤がポール、
腰の骨を支えているロープが大腰筋です。

悪い姿勢で長時間座ってパソコン作業をしていると、大腰筋が凝ってきます。

【大腰筋が凝ると腰が伸びない、くの字になる】
大腰筋が凝ると、腰をまっすぐに伸ばせなくなり、くの字になってしまうのです。
そして凝っているところが硬くなり、麻痺してきます。

【長時間続くとギックリ腰に】
それが長時間続くと、表面の動かす筋肉でありアウターマッスル(表層筋)が働かなくなり、
ギックリ腰となり、腰を動かすこともできなくなってしまうのです。

【慢性化すると坐骨神経痛】
腰を支える筋肉である大腰筋が硬くなり、麻痺した状態が何か月も続いてくると、
そのコリが坐骨神経を圧迫して、坐骨神経痛となり、下肢がしびれたり、
下肢の筋肉がつっぱったりするわけです。

【首にもコリが出る】
そして大事なのは、腰とバランスを取っている首にもコリが出てくることです。

大下さんの場合は、坐骨神経痛まではなっておらず、ギックリ腰の状態でした。

<かどや式腰痛治療の実際>
【百会の刺絡】
大腰筋を痛めた場合の腰椎の治療は、まず百会の刺絡を行います。
刺絡治療のイメージ ※刺絡治療のイメージ

大下さんの場合も、まず仰向けの状態で百会の刺絡を行いました。
すると50滴ほどの血液がとれました。

【百会は自律神経のバランスをとり、腰痛を軽くする】
百会は自律神経のバランスをとるツボです。
また、百会は腰痛を軽くするツボでもあります。
百会の刺絡によって、パソコン作業で緊張している神経(交感神経緊張状態)の緊張をほぐします。
すると全身の筋緊張も緩むようです。

最初、大下さんに仰向けの状態で腰を上げてもらうと、上げようとすると腰が痛くて
あげることができませんでした。
しかし、百会への刺絡を行った後には、少し上げられるようになりました。
腰を動かすアウターマッスル(表層筋)の緊張が少し取れてきたようです。

【背中の凝り具合を見る】
次にうつ伏せになってもらい、背中全体の凝り具合を診ます。
大下さんの場合、大椎(だいつい、胸椎1番のきわ)と隔兪(かくゆ、胸椎7番のきわ)にコリがあり、
大椎と隔兪

腰には腰の両側にある志室(ししつ、腰椎2番外側)のラインにコリがありました。
志室

それに、志室と相関する首の筋肉である、頚椎3番の2側にもコリがありました。
、頚椎3番の2側

【大椎と隔兪に溶かすハリ】
まず、大椎と隔兪に出ているコリを寸3・1番の鍼で「溶かすハリ」の鍼法でコリを溶かしました。

【首に溶かすハリ】
次に横向きになってもらい、頚椎3番の外側のコリを寸3・1番の鍼で「溶かすハリ」の鍼法で、
コリを溶かしました。

【志室の麻痺をとるハリ】
そして最後に志室に出ているコリを2寸・3番の鍼で「麻痺をとるハリ」の鍼法で、
8センチほど奥にある、麻痺して硬くなっているコリの中心に針先を到達させて
そのコリの麻痺をとりました。

【大腰筋が棒からゴムに回復】
この志室の奥の部位こそ、大腰筋が凝って硬くなって麻痺しているところです。
その大腰筋の麻痺をとることで、棒状になっていた大腰筋がゴム状に戻り、
正常なインナーマッスルに回復します。

このことで、くの字になっていた腰が真っすぐに戻り、腰の痛みも取れました。

これがパソコン作業によって作られる腰痛の、一般的なかどや式治療法です。

(※鍼法やツボ名、詳しいツボの部位は、プロの治療家用に書きましたので、
一般の方にはわかりにくいかもしれません。)


【90分で治療完了】
始まってから終わるまで、約90分間の治療でした。
大下さんはベッドから軽く起き上がり、
「腰が楽になりました!ああ、楽になった!軽くなりました!ありがとうございます。」
とおっしゃってくださいました。

JUGEMテーマ:パソコン病の治療


角谷式ヘッドマッサージが落ちてきました


 大晦日、紅白を見ていたとき、司会の嵐が、全国で活躍してい人たちを取材したことが紹介されていました。そのなかで、鎌倉で宮大工をやっている人とそれを学んでいる若い人が紹介されていました。そのときその宮大工を見て、私には「God Hand」ということばが、浮かんできました。
「God Hand」とは神様のような腕でのことではなく、神様に与えられた腕のことである、とわかりました。

 私は、パソコン病の治療をつくるという目標で昨年から活動してきました。
すると、神様が私にパソコン病治療の秘密を教えてくれるかのようにパソコン病の治療法が、次々とおちてきました。

 刺絡、骨鍼、というオリジナルな治療法が出てきて、2010年12月ヘッドマッサージが現れました。
自分の力で開発したというより神様が私に与えてくれているという感じです。
それはまさに、落ちてくるという感じです。

 ヘッドマッサージは昨年12月、フリーライターのmさんが、「頭をこうやってシャンプーするようにシャカシャカすると、目がらくになるんですよ」って教えてくれました。
それで自分の頭をマッサージしてみたら、頭のツボがわかるようになりました。
頭のこっているところ、コリのライン、流れをさわることができ、指にもはっきりつかめます。
 頭も首や肩のようにこるんだ、と実感できるようになりました。

それからは、おもしろくなって、いろんな人の頭をマッサージするようになり、その効果がわかってきました。
頭をマッサージすると、目や頭がすっきりする。頭が軽くなる。顔の筋肉も緩み、表情まで明るくなる。あごのラインがすっきりとして、小顔になる。鼻のつまりがとれ、鼻がすっきりする。目の見え方がよくなる。などの効果が出てきました。
これはパソコン病の治療法としても、美容のためにもいける!!と実感しました。

かどや式と他のヘッドマッサージの違いは、かどや式は、インナーマッスルマッサージであることです。
ツボ反応が現れているところを確実にマッサージしてゆきます。頭皮のみのマッサージではなく、頭皮の下に出ているコリに対するマッサージでもあることです。
気持ちいいだけでなく、治ってゆく治癒効果があり、美しくなる美容効果があります。

すごい技がでてきたなあ、と思います。今年はかどや式ヘッドマッサージをもっとを深めて、どのツボがどこに対応しているかや、いろいろな技法などもつくってゆきます。
ワクワクしてきますね!!

パソコン病とは

首の後ろがブヨブヨのあなた、亀首ねこ背の方、吐き気がするほどの頭痛、背中のコリがとれなくてとれなくてと悩んでる君、眼の玉をとりだして洗いたいほど目の奥が痛い人・・・これらの症状は、パソコン作業から起きてくる「パソコン病」と呼ばれる病気の症状です!!

ひどくなると、偏頭痛や、手のしびれ、五十肩、ガン、うつ、慢性疲労症候群にもなってゆく、からだと心を犯すこわい現代病なのです。

現在、2010年の段階では、まだ「パソコン病」という病名は、一般の方には知られていません。
ということは、パソコンによる症状があっても、これを病気として認識できないというわけです。単なる疲れだろう、これくらいは我慢しないと、誰もがもっている悩みだからたいしたことない…などと思ってこれを治そうという行動をとれません。治そうとしても、どこに行ったらよいかもわかりません。

たとえば、寒気がしてのどが痛くなり熱がでれば、これは風邪だろうと思うから、温かくして休む、あるいは病院や薬局に行って風邪の治療をしてひどくならないようにします。なぜなら、みなさんに「風邪」という病気の認識があるからです。

しかし、今ある症状が何なのかわからなければ、どこに行って何をしたらよいかも当然わからないわけです。

ここ20年間、パソコンが出現して世の中、地球が大きく変りました。文字通り、世界中の人々がパソコンを使うようになり、世界との交信が瞬時に出き、世界中の情報が出入できるようになりました。最近は、文字から動画、3Dへとますます進化しています。

その反面、パソコンによるマイナス面もでてきました。パソコン作業による筋肉、目、神経、精神への負担といったからだと心を犯す新しい現代病が現れました。最近この病気をVDT症候群、日本語ではパソコン病と呼ぶようになりました。

「パソコン病」では一般の方にはわかりにくいので、パソコン病を主としたデスクワークの症候を私は「パソコン・デスクワーク症候群」と名づけました。
Copyright (C) パソコン病について | パソコン病&五十肩治療の治し家(なおしや)日記. All Rights Reserved.