治し家(なおしや)鍼灸治療院では、
鍼治療、温熱治療などを中心とした統合医療により、
頭痛や肩こり、腰痛、不定愁訴など、様々な症状を治療しています。

マッサージや整体に通っても治らなかったつらい症状や、
長年の通院でも治らなかった身体の不調など、
ぜひ一度治し家にご相談ください。
【お電話でのご予約】03-5938-7048

第三回・錬堂&かどちんと行く湯治ツアーin伊豆



大好評の湯治ツアー大三弾開催決定!!


【開催日時】
2012年4月21日(土)〜23日(月)2泊3日

昨年9月、今年2月に開催し、大変ご好評を頂いた
【天城流湯治法湯治司・杉本錬堂氏と行く、 伊豆湯治ツアー】
の第三弾が早くも開催となります!

ヒーリングマスターである、天城流湯治法・湯治司の杉本錬堂氏の天城流湯治法を
皆様に体験していただくツアーです。

一日目の宿は、温泉だけではなく、さまざまなレジャー施設を併設している、
修善寺が誇るリゾート施設、ラフォーレ修善寺。
こちらには「ぷーろ」と呼ばれる、温泉を引き込んだ温泉プールがあり、
天城流湯治法の温泉療法を大人数で行うことができます。



二日目の宿は、2000年から温泉療法に取り組み、
今や温泉療法の先駆者としても全国で有名な、伊豆・船原館。
名物の「たち湯」で行なう温泉療法は、本当に気持ち良く、体の不調もスッキリと改善されます。



忙しさやストレスに追われる日々、日常を忘れて、ゆっくりとお身体をいたわってみませんか?

第二回湯治ツアー参加者様からの感想

温泉湯治のメッカ・伊豆船原館

こんにちは。治し家WebスタッフのYです。

日に日に春めいてまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
季節の変わり目は体調を崩しやすいもの。
そんな時はぜひ治し家にご相談くださいませ。

さて、先日開催しました、「第二回 天城流湯治司・錬堂と治し家かどちんと行く湯治ツアー in伊豆」は
大好評ののちに終了いたしました。

ご参加いただきました皆さまから、ツアーの感想をいただきましたので、
ご紹介させていただきます。

(プライバシー保護のため、お名前は仮名とさせていただいております。)

第2回湯治ツアー  脂肪が10秒で消えました&フローティングの快感

2月25日から27日、伊豆修善寺の船原館で2泊3日で行われた第2回錬堂・かどちんと行く湯治ツアーが終了しました。

今回は13名の参加でした。島根、千葉、伊豆、鎌倉、東京といろんな地域から来ていただきました。
鎌倉に住んでいるアメリカ人ご家族(奥さんは日本人)は小6のお子さんといっしょに3人で、アメリカに30年以上住んでいた日本人の女性や高2の私の息子も参加しました。
参加していただいた方、ご指導くださった錬堂さんスタッフの陽子さん、船原館の方々ありがとうございました。

参加者の感想は後で載せることにして、私の感想を一言でいうと、「錬堂さんのすごさを実感した旅」でした。

まずすごかったのは、「10秒で脂肪をとる技」です。
参加者の顔やからだを見て、脂肪がついている場所ではないところをふれて、その場で脂肪を消すのです。
参加者の顔がみるみるほっそりしてき、小顔になってゆくのは驚きです。足やおなかについている脂肪もなくなってゆきます。
みんなエーです!!
手品のようですが、ちゃんとした理論があるのです。「水草理論」という錬堂さんの発見した理論です。
水草と同じで脂肪の8割は水だから、脂肪の中の水を動かせば脂肪は小さくなる、という発想でできた技だそうです。
この方法が広まったらエステ界の革命になるでしょう。

それにやっぱりこのツアーの売りである温泉を使って究極のリラックスを体感して、病気・症状を治す「天城流湯治法」ですね。
船原館は天城流をやれるようにつくられた立ち湯があるんです。2千万円をかけてつくられた深さ1,2メートル 37℃の源泉の温泉です。
ここでフローティング(浮いて)して錬堂さんが動かたり、ストレッチしてくれると、お魚になったようにリラックスできます。
泳いで浮くのとは全くちがっています。

私は今回フローングティンでお母さんの子宮の中にもどっておなかのなかの進化を体験できました。
このすばらしさはみなさんに体験してもらいたいんです。地上や水泳ではぜったい味わえないフローティングならではの快感です。

温泉の中だと痛みが軽減して、深層筋もストレッチでき、ひざ痛や五十肩が治ります。
温泉は温まるだけじゃないんですね。

錬堂さんが世界の国々から呼ばれる理由がわかります。
この陽気で茶目っ気があるすてきなキャラは、どこの国の人にもうけますね。

好評につき第3回の湯治ツアーは、4月21,22,23日にやります!!

                                         治し家 かどちん

湯治ツアーご参加者からの感想 その2

菊水館の湯の花

こんにちは。治し家WebスタッフYです。

引き続き、湯治ツアー参加者の皆様からいただいた感想を
アップしたいと思います。

(プライバシー保護のため、お名前は仮名とさせていただいております。)



★吉川敬治さん(仮名) 50代 男性

I.いろいろな言い方、ツボや鍼や食など、経験的にはその重要性が解っているのを、
いろいろな方面から捉えなおす機会であり、これまでの様々の疑問が解消し、
原理的にとてもよくわかった。

II.具体的に、また実践的に、キーポイントを押す、つく、つかむことが
体験でき、早速有効に使える技として習得できそう。
(明快なところがよい)

II.人によってどのような対処法が一番有効かが異なる場合があるということが
解った。
基本的には精神と身体は別個のものであり、各々にふさわしい対処法があるが、
しかし、またそれらは究極的には連鎖もしており、

/搬里ら精神を治してゆくものと、
∪鎖世ら身体を治してゆくものがあり、

,陵効性が幅広くよくわかったと同時に、
△陵効性として導入的な意味もよくわかった。



★山田尚吾さん(仮名) 40代 男性

二泊三日のツアー終了後、帰ってからも腰や背中・肩の調子が良い。
その中でも最後に受けたフローティングの効果が大きい。
一度目のフローティングは、グループ(4人)の一番目であったことから、
何をどうされるかが分からず、最初の方は少し警戒意識があった。
二日目は、警戒感もなく心を無にしてリラックスできたことと、時間を長めに
行ってもらったことから、身体が軽くなりました。
フローティング最中は、自分の呼吸音がはっきりと聞こえて、その周りに水音などが
聞こえてくる不思議な時間でした。

錬堂さんが河津駅で登場すると、いかにもな外見で、明らかに、あの人だと分かる雰囲気。
紹介されて挨拶を交わした後の、握手の温かさと真っ直ぐな視線にエネルギーを感じる。

錬堂さんの話は、間の取り方が上手く、話とエクササイズのバランスが良く時間があっという間に過ぎていく。

内容も「なるほど」という事が多く、説明を実感しながら自分の体に試せて楽しく行うことができる。
◆精神次第で肉体は変化する。人は自分が思った通り・考えた通りの生き方をする。
ということはあらゆる所で知識として得ていたが、錬堂さんのエクササイズはまさにその通りで、
まず、最初に「私の身体は素晴らしい」と身体への感謝を示すことで身体が柔らかくなり、
その後、一貫して自分の体を知ること、人間としての基本軸などを強く訴えられていたことは、印象深く残りました。

1日目の菊水館も良い宿でしたが、二軒目の船原館は素晴らしい旅館でした。
二千万円かかったというたち湯、昔の旅籠風味の館、いろり、地物を使った料理の数々。

骨・筋肉・腱をはがすようにほぐす。
なぜ、本来、離れている骨・筋肉・腱がくっついてしまうのか。
胸やお腹・腸骨・恥骨の骨際をほぐすなど、角谷先生の骨際・インナーマッスルにも通じる部分があり、
なるほどなあと思いながら試すことができました。

最後に教えていただいた咀嚼については、あまり咀嚼しない自分としては、
改めて30回噛みにチャレンジする意欲が湧いてくる話であるとともに、
話全体を貫く基本軸をしっかりする。絶対的なものではなく軸をしっかり立てることが大切であるという点。

現代人として、仙人や昔の農家的暮らしには戻れない自分として安心しました。
出来ない事を求められると、結局、誰も行わない。

しかし、ツアーの最中および帰宅後も睡魔と闘う夜でした。
早起きも一因だと思いますが、それ以上に夜は眠くなりました。

角谷先生、錬堂先生、ツアーの企画・実行・講師、
大変、良いツアーであっという間に二泊三日が過ぎてしまいました。
ありがとうございました。



★山田由里子さん(仮名) 30代 女性

錬堂さんにお会いする前は、仙人のように穏やかで物静かな、
いわゆるヒーラーというような不思議な雰囲気を醸し出す方なのだろうなぁと
想像していましたが、実際ご本人にお会いしたところ、
とてもパワーみなぎった方で、話し方もとても気さくで面白く、
イメージしていたお姿とは180度違ったのですごくびっくりしました(笑)

お話をお聞きする中で、錬堂さんご自身もいろいろご苦労をなさったり、
悩んだりされていたんだということを伺うことで、
「特別な選ばれた方なんだろう」と思っていた固定観念がなくなり、
あぁ、自分たちと同じ人間なんだなぁと思えたことが、
その後のお話を楽しく聴けるきっかけとなったような気がします。

実際に教えていただいた「自分の体を自分で治す方法」や
「温泉の中での対処法」は家でもどこでもできるというのが本当に魅力で、
即効性もあるので、楽しく続けていけそうです。

また、ずっと憧れていたフローティングを今回2回も経験させていただき、
本当にうれしかったです。
まるで自分がお魚にでもなったような気分で、とても気持ちよく、
肩肘張って生きていたのを忘れてしまうくらいの気持ちよさでした。
どこか遠くに行ってしまったようなそんな感じがして、
今でもあの時の穏やかな気持ちが忘れられません。

家に帰ってきて仕事を再開しておりますが、
とても体が軽く、旅行前と旅行後ではまったく違う体になったような気分です。
旅行中はとてもハードな日程で、さらに治療後のだるさと疲れが一緒になったような
感じがずっとしていましたが、帰ってきて一晩経ってみると、
とても体がすっきりとしています。

さらに、ツアー参加者の方々皆様とってもいい方で、
皆様との出会いもとても素晴らしいものとなりました。
ぜひまた2回目、3回目と連続して企画していただきたいと思います。

このたびは本当にありがとうございました。
これからもこの3日間に学んだことを忘れず、自分の体を慈しみ愛して
見つめていきたいと思っています。

湯治ツアーご参加者からの感想 その1

船原館のたち湯

こんにちは。治し家WebスタッフYです。

伊豆湯治ツアーにご参加された皆様から、ツアーの感想をいただきました。
みなさま、誠にありがとうございました!

(プライバシー保護のため、お名前は仮名とさせていただいております。)



★有山良子さん(仮名) 40代 女性

・首、肩、腰が伸びずガチガチで肩こりがひどくて気持ちが悪くなるくらいでしたが、
この2泊3日で伸びて気持ち良くなりました。

・足の裏側もつっぱっていて、前屈ができませんでしたが、
それはなぜかというと筋肉が硬い状態で骨に全部くっついてるために伸びないということで納得しました。

・温泉でのフローティングはとても気持ちがよく白い光、青い光、紫の光が見えました。

・フローティングが終わった後は、もう疲れたと思ったけれど、
最後の角谷先生のマッサージでまた少し楽になりました。

・自分では内臓は何でもないと思っていましたが、胃や腸などのツボが痛くてびっくりしました。
自分でマッサージしていきたいと思います。

・2日目、3日目で顔がしまって目が大きくなったようにみえました。

・背骨がまっすぐのびて立つようになって、これを維持できるように気をつけていきたいと思います。



★相澤康助さん(仮名) 80代 男性

角谷敏宜様
杉本錬堂様

愉しい3日間を有難うございました。

この年の私にとっては、人との集まりは月一回程度の中学時代の仲間達、
しかも同業ともいえる民放ドラマのディレクターや、文化映画のカメラマン、
変わり者の何でも屋、訳のわからない詩を書くフランス文学者などと一緒に、
京橋のフィルムセンターで昔の映画を鑑賞し、居酒屋で気勢を上げる日常です。

小学校のクラス会や大学の集まりも年1回ありますが、
どれも年寄りばかりの顔ぶれです。

そんな私にとって、今回は若い(?)方たちがほとんどなので、
初めはついて行けるか一寸心配しました。

勿論、錬堂先生の期待には多分ほとんど応えられなかったのだろうと
思っていますが、でもスケジュールの進行に迷惑をかけなかったことだけでも
よかったと感じています。

しかし、何十年ぶりにプールに入ったり、天城トンネルを歩いたりしているうちに
若い時代を思いだし、これは、もう一度千メートル級の峠でも越えてみるかという
気概が湧いてきました。
そんな精神的ショック療法を受けられたことを感謝しています。

ツアー本来の目的からは一寸横道に入ったかも知れませんが、
またの機会があれば、ご迷惑をかけない程度に参加したいと、
勝手に期待しております。

有難うございました。



★相澤蓉子さん(仮名) 70代 女性

湯治ツアーin伊豆に参加して

ひと言で言えば「ミステリーツアー」の楽しさをたっぷり味わうことが出来ました。
時間に縛られず、次にはどうゆう展開が待ち受けているのか、
事前の心構えなどはまったく必要なく、その場の決定事項に
パッと飛びつける自分の回転(切り替え)の早さ(歳の割には)に、
(平常、人に言われるまでもなく)納得しました。

伊豆から戻って一夜明けて実感したこと

一、深い呼吸のお蔭で声(高音)の出が良くなったこと
二、仰向けになると頭から踵まで床に密着すること
三、関節の稼働域が広がったのか、歩幅が長くなったこと

一番の収穫は「自分でロックしないこと」

これをモットーに、少しずつ元に戻していきます。
ありがとうございます。そしてこれからも
よろしくお付き合いくださいませ。
Copyright (C) 杉本錬堂湯治ツアー | パソコン病&五十肩治療の治し家(なおしや)日記. All Rights Reserved.