治し家(なおしや)鍼灸治療院では、
鍼治療、温熱治療などを中心とした統合医療により、
頭痛や肩こり、腰痛、不定愁訴など、様々な症状を治療しています。

マッサージや整体に通っても治らなかったつらい症状や、
長年の通院でも治らなかった身体の不調など、
ぜひ一度治し家にご相談ください。
【お電話でのご予約】03-5938-7048

深層筋鍼法とセルフケア―の手技を併用して使って行こうと決意

櫻井光男 54歳  横浜市在住 鍼灸師 鍼灸院自営

2015年7月2日インタビュー

3か月間、私はこういう年(59歳)なので、まともに出来ないかと思いました。でも週1回だったので朝早く起きて、2時間かけても通うことができました

初めは、深層筋療法とはどういうものか分かりませんでしたが、今回のコースに参加して、こういうことをするのが深層筋の療法なんだということが分かりました。

私は、セルフケアーも知らなかったのです。今回、セルフケア―の手技をやるのだということをはじめて知り、完全にできるまではいってませんが、上っ面だけはやれるようになりました。これから鍼灸院を本格的に始めるので、深層筋療法とセルフケア―の手技は使って行こうと、先月から決意しました。

セルフケア―の腕・膝・太腿・ふくらはぎをマッサージするところからはじめて、鍼をしてゆくというパターンで肩・腰・膝痛の治療はやっていこうと思います。

これは自分にとっての習得になりました。今回、参加して、いくつかは自分の身になり、自信がつきました。ほんとにいい勉強になりました。ありがとうございました。

他の鍼法の技術まで向上しました!(深層筋鍼はやさしいひびき)

島崎陽喬(23歳) 鍼灸師 東京都中野区在住

角谷:今回参加したきっかけは?

島崎:杉本錬堂さんの創った天城流の手技の研修会が治し家であって、その時にこのコースのことを知り参加させてもらいました。

角谷:今回、コースが終わっての感想はいかがですか?

鍼法の技術向上

島崎:ぼく自身が鍼灸の事を詳しく知らなかったので、ちゃんとした鍼灸院でこのような治療をやっているということを知れただけでも良かったです。それに、ここでやっていくうちに他の鍼法の技術も自然に上がっていきました。

角谷:どういうことですかそれは?

島崎:鍼を打つ方向とか態勢とかがちゃんとできるようになってきました。それにツボの捉え方も上手くなったと思います。

治療に加えてセルフケア―。土台作りの指導も充実していました。

大木昭二(仮名)様  鍼灸師 鍼灸院勤務 東京都目黒区在住 45歳

深く刺入するのに優しい治療

角谷:大木さん このコースに申し込んだ経過は?

大木:治し家で働いているスタッフの姜さんが鍼灸学校で同級生でした。姜さんは学生時代、経絡治療を習っていました。経絡治療は刺さない鍼なのに、どうして深層筋鍼という全く逆の深く刺すような鍼法を行っているのか興味がありました。

どうしてなの?と卒業してそのことを聞いたら、「深く刺すわりに優しい治療」だという答えでした。「はがし」という手技もやると聞いていました。

手足には手技も使う。トータルで治療しているなと感じました。経絡治療は、脈を診て、脈がそろえばそれでいいというような治療法です。私は、脈が整っても、他に問題が残っていると思っていたので、手技も取り入れていました。

深層筋療法は、全体のことを考えて治療しているんだろうなと考えました。面白そうなので受講しました。

鍼灸学校卒業後に技術を磨きたい方に深層筋講座開講のお知らせ

鍼灸師は、鍼灸学校を卒業してすぐに患者様をしっかりと診断・鍼灸治療できるわけではありません。

先輩や師匠の元で修業(実際の鍼灸経験)を積まなければ一人前の鍼灸にはなれません。鍼灸学校では理論や知識を深めることはできても実際に鍼灸を行う機会には恵まれにくいはず。

腰痛に効果のあるツボといえば、腎兪(じんゆ)・志室(ししつ)・命門(めいもん)など。では、腰痛を訴える患者様が来院されて、ツボに鍼をすれば必ず治ると思っていませんか?

実際に鍼灸治療を始めると、人間の身体はそんなに単純ではないことを知るはず。患者様の多くは、腰痛だけを抱えているわけではありませんし、痛みや違和感のある個所だけが悪いのでもない。

本当に肩こり・腰痛に悩むお客様へ鍼灸治療を行い、効果があるなしを経験しなければ、鍼灸師としての腕を磨くことはできません。

深層筋講座を受講いただいた田澤さんは、学生の時は、学生同士で鍼灸を試すので、実際につらい症状がある訳でない。実地の治療に不安があったと言います。

私が、深層筋療法を鍼灸師の方に伝えるのも、本当に患者様を鍼灸で治療できる方が増えてほしいから。鍼灸学校を卒業した方・鍼灸師として腕を磨きたいとお考えの方、ぜひ、2015年4月開講の本講座にお越しください。

深層筋療法講座の詳細をご覧の上、不明な点はいつでもお問合せください。

臨床を行う中での疑問を活かせる講座

中島章均様 33歳 東京都杉並区在住  2014年6月30日インタビュー

一回り成長できました。

前回、深層筋療法コースをうけて、こちらで働かせてもらい、臨床をしてゆく中で疑問に思うこともでてきました。その疑問を復唱できて、それをまた臨床に活かせています。

星子さんの技も、前回一回では覚えられなかったのを、患者さんに教えるときも、こうして教えた方が伝わるのかと勉強になりました。一回り、いろんな面で成長できました。

感覚でしか分からないことを例えで説明

分からないことを今回の生徒さんに質問されて、自分の分かる範囲で答えることも勉強になりました。

角谷:どんな質問をされました。

中島:背中のコリの掴み方をどうするとかですね。いつも院長に教わっていることを院長の言葉で覚えているのを自分の言葉で説明する勉強になったのです。感覚でしか分からないことをたとえで説明するのです。

角谷:たとえばどんな例えです

中島:背中のI側に相間鍼を入れる場所をハーモニカの溝にたとえて説明できました。

中島:生徒さんの格好を見て、自分の姿勢が丸まっていることに気づいたりもできました。丹田から体重をのせるとき、痛くないようにのせることも学べました。

中島:自分の課題としては、まだ上手く説明が理解して分かりやすく説明するのが長くなってしまう。コンパクトにまとめられない。おなかのマッサージやふくらはぎマッサージは、ふだん患者に説明しているのでコンパクトに伝えられるようになったのですけど、それ以外のことがまだまだです。

中島:今回のテスト形式はレポートでまとめて提出することで、最初のころの復習ができて良かったです。一回目よりずっと進化しましたね

角谷:中島さん、来年開業が目的だから、初診できた人をちゃんと診れて、次に来ていただけるのをまず目指しましょう

Copyright (C) パソコン病&五十肩治療の治し家(なおしや)日記. All Rights Reserved.